スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.02.04 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

王さまと九人のきょうだい

王さまと九人のきょうだい―中国の民話
王さまと九人のきょうだい―中国の民話
君島 久子, 赤羽 末吉
中国の民話です。九人の兄弟は顔も体型も何もかもそっくりです。名前はそれぞれ、「ちからもち」「くいしんぼう」「はらいっぱい」「ぶってくれ」「ながすね」「さむがりや」「あつがりや」「きってくれ」「みずくぐり」といいました。ある日、宮殿の竜の柱が折れてしまい、元通りにできたものには褒美を取らせる、というお触れ国中に出されました。そこで兄弟は相談して、「ちからもち」が出かけることにしました。「ちからもち」は夜中に宮殿に行き、見事柱を元通りにして帰ってきました。翌朝、家来から話しを聞いた王様はびっくりしました。九人の兄弟のうちの一人が直したと聞いても信用しません。王様は「そのような力持ちならきっと大飯が食えるはず。食べられなければ牢屋にぶち込んでしまえ!」と命令を出しました。そこで兄弟は相談し、今度は「くいしんぼう」に行ってもらうことにしました。「くいしんぼう」は宮殿の米倉が空っぽになるまで飯を食べ、王様をびっくりさせました。王様はかんかんです。次はどんな命令を九人の兄弟にだすのでしょうか。
キーワード:中国 兄弟
出版社」:岩波書店


ガラスめだまときんのつののヤギ

ガラスめだまときんのつののヤギ―白ロシア民話 (日本傑作絵本シリーズ)
田中 かな子, スズキ コージ

おばあさんは畑で麦を育てていました。麦は大きく立派に育ちました。しかしある日、畑の中にヤギがいて、麦を食っては踏んづけ、食っては踏んづけ、のしのし歩いているではありませんか。おばあさんが「出て行け!」と言ってもヤギは怯まずこう言います。「余計なお世話だ。おいらのガラスめだまと金の角で一突きすればいちころだ!」おばあさんは困ってとぼとぼと歩いていきました。クマに話をすると、「俺が助けてやろう」と言って、ヤギの元へ向かいました。クマが「出て行け!」と言うと、ヤギはこう答えます。「生意気なクマめ!おいらのガラスめだまと金の角で一突きすればいちころだ!」クマはびっくりして逃げてしまいました。その後も、オオカミ、キツネ、ウサギ・・・と色々な動物が助けてくれようとしますが、結果はどれも同じです。ヤギを畑から追い出せるのは、いったい誰なのでしょうか。
キーワード:動物 やぎ
対象年齢:4さい〜
出版社:福音館書店

ね、ぼくのともだちになって!

ね、ぼくのともだちになって!
ね、ぼくのともだちになって!

エリック カール

文章は少ないけれど、次は何の動物が出てくるのだろう・・・という期待感でドキドキワクワク読める絵本です。



  対象;2さいから ジャンル:ともだち、動物 出版社:偕成社

くもさんおへんじどうしたの

くもさんおへんじどうしたの
くもさんおへんじどうしたの

エリック=カール, もり ひさし

見る。読む。聞く。だけでなく<触る>ことからも楽しめる絵本です。たくさんの動物がでてきたり、ページをめくるごとに巣ができあがったりする楽しさも感じれます。

  対象:2さいから ジャンル:くも、動物 出版社:偕成社

あおいふうせん

あおいふうせん
あおいふうせん
角野 栄子, ミック・インクペン

誕生日の次の日に、犬のキッパーがしぼんだ風船を見つけてきます。ところが、この風船はとても不思議な風船で、どんなにふくらましても大丈夫!突然パッと消えたり、四角になったり、不思議なことばかりです。
出版社:小学館
キーワード:風船

ありがたいこってす!

ありがたいこってす!
ありがたいこってす!
マーゴット ツェマック, Margot Zemach, わたなべ しげお

ユダヤの民話です。小さな村の小さな家に貧しい男が住んでいました。いつも家族で言い争いやけんかばかり。ラビに助けを求めます。
最後の最後に男はこう言うのです。「家の中には家族のものがいるだけで、静かでゆったりで平和なもんでさあ・・・ありがたいこってす!」ラビはどんなアドバイスをしたのでしょうか。
童話出版
ユダヤ民話 貧乏 かぞく

くった のんだ わらった

くったのんだわらった―ポーランド民話 (こどものとも傑作集 58)
内田 莉莎子, 佐々木 マキ

ヒバリの夫婦とオオカミの話です。巣の下にいるモグラ退治をオオカミに頼むのですが、わがままばかりのオオカミの要求をヒバリがどのように対処していくかが見所です。
3歳〜 福音館書店
ひばり おおかみ 

はたらきもののじょせつしゃけいてぃー

はたらきもののじょせつしゃけいてぃー
はたらきもののじょせつしゃけいてぃー
ばーじにあ・りー・ばーとん, いしい ももこ

じぇおぽりすという町のお話。大雪が降ったので除雪車のけいてぃーは大忙しです。北じぇおぽりすに行ったり、東じぇおぽりすに行ったり・・・。絵の隅っこには方角を表すマークが描かれていて、どっちへ向かうのか記されていて、新鮮でした。
4歳〜 福音館書店
除雪車 冬 雪 はたらくくるま

ちいさいしょうぼうじどうしゃ

ちいさいしょうぼうじどうしゃ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
ちいさいしょうぼうじどうしゃ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
ロイス・レンスキー 文絵, わたなべ しげお 訳

消防士のいちにちが描かれています。消防士の仕事や、車に興味のある子に読んであげたい一冊です。アメリカの絵本なので、日本の消防士さんとは服が違っていたりしておもしろかったです。
2歳〜 福音館書店
消防車 働く車 火事 



いろいろへんないろのはじまり

いろいろへんないろのはじまり

アーノルド・ローベル, まきた まつこ

昔むかし、世界は色がない「灰色のとき」だった。ある日、魔法使いは青色を作った。その色をみんなが塗りだして、「青色のとき」になった。しかし、青色を塗りすぎたために楽しい・嬉しいといった感情がなくなりいつでも悲しい・寂しいといった感情だけになってしまいました。そこで魔法使いは黄色・赤色と作り出していきます。

     対象:5さいから ジャンル:色 出版社:冨山房


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM